あなたに合った入れ歯をご紹介

  • 文字サイズ
  • 小
  • 大

ぴったりの入れ歯で快適な毎日を

失った歯の機能を補うための入れ歯。その入れ歯にはいくつかの種類があり、どれが適しているかは口腔内環境などによって違います。ここではご自分にぴったり合う入れ歯の選び方をご紹介します。

あなたの入れ歯は大丈夫?

あなたの入れ歯は、合っていますか? 次のような問題を抱えている方は、入れ歯が合っていないことが考えられます。

合わない原因はいくつか考えられますが、根本的に合っていない入れ歯は、調整を繰り返してもぴったりにはなりません。当院では合わない根本原因を探った上で、ぴったりの入れ歯をおつくりするので安心です。

あなたにおすすめの入れ歯は?

それぞれの患者さんによって、ぴったりと合う入れ歯は違います。セルフチェックで、あなたに合う入れ歯の種類を探ってみましょう。

チェックを入れてオススメの入れ歯を確認しましょう

今の入れ歯が痛い

奥歯の入れ歯を入れたい

前歯の入れ歯を入れたい

食べ物の温かさを感じるものがよい

頑丈な入れ歯が欲しい

従来の入れ歯はバネが目立って気になる

軽い入れ歯が欲しい

金属床義歯

金属床義歯は耐久性に優れていて長もち。歯ぐきがあたる部分を薄くつくることができるのも魅力です。保険の入れ歯の約1/3の厚みなので、違和感があまりありません。食べ物の熱が伝わりやすいので、食事もおいしく楽しむことができます。

金属床義歯について、詳しくはこちら

ナチュラルデンチャー

ナチュラルデンチャーは、部分入れ歯の一種です。一般的な部分入れ歯が、金属のクラスプ(バネ)で周囲の歯に固定するのに対し、金属のバネを全くつかいません。歯ぐきと同じピンク色の素材で作るため、一見して入れ歯だとわからないほど目立たないのが魅力です。
※すべての人に適用できる入れ歯ではありません。また、3年ほどで新しい物にする必要があります。

ナチュラルデンチャーについて、詳しくはこちら

ぴったりの入れ歯で快適な毎日を当院の入れ歯のご紹介はこちら